■ ふれ愛フリースクエア まっつんの理科工作 (H23/2/12)
平成23年2月12日(土) ふれ愛フリースクエア  ( パパさん隊が主体で実施 )

「まっつんの理科工作」
理科工作で3Dメガネの作成と3Dの仕組みを体験
パソコンも解体? おもしろ〜い♪
大阪にも雪が降り、大人は寒くてふるえていますが、子どもたちは大喜びです。
2月12日ふれあいの理科工作の様子を報告します。
広報の「パパさん隊追っかけタイ」の方が取材をして写真などの資料を提供してくれました♪
≪テーマ:3D≫

3Dの映画、見たことあるかな?

今日はこの教室で3Dを見てみよう!
@   3Dメガネの作成
  赤、青の色レンズを貼って、メガネ完成。
  赤・青でずれた線のある絵(3D用の絵)を見てみよう→飛び出すよ。
  「わーっ、ビルや月が飛び出てきた!
*3Dの仕組み*
 片目ずつ、見える画像はずれている。
片目を隠して絵を見てみよう。逆目を隠すと位置がずれて見えるよ。
 →右目と左目の位置が違うので、見える図もずれている。
  ・・・それを頭の中で一つの画像にすると、立体に見える。
↓  3Dメガネを作ってます♪ ↓
↓ 不思議な不思議なメガネ ↓
 ← 見てみよう!
A赤と青レンズ以外できれいな図を見たい!
  透明レンズを使ってメガネを作る。
  ・・・2枚の絵(少し位置がずれたもの)をメガネで見ると立体に見える
*目と目の間は約6センチ。2枚の絵が6センチずれたものであれば、普通に見たままの立体映像。それ以上に大きく離すと、より立体がとんがって(深く)見える。
  ◎自分でも見る絵が作れるよ。同じところの写真を少し位置をずらして2枚撮ってみよう。3Dメガネで見ると立体に・・・!
 立体メガネを使わずに、2枚の絵を見て立体視することもできるよ。目の焦点をずらすと浮かび上がってくる・・・。難しいけどね。
なんで物が立体に見えるか、わかったかな? 
↑ パソコンの画像も! ↑
↓ 3Dって? 3Dの画像の仕組み ↓


← Aメガネ作成







↓ 作ったメガネで見てみよう ↓

↓ ここからは えっ!? パソコンを解体? ↓ 
 さて、本日のおまけは、パソコン解体
あっ!みんな目がきらきら、てがうずうずしてきたね。
仕組みを考えながら、ドライバーでねじをはずしてみてね。
基盤も出てきて、バラバラだ・・・・。
パソコンの中って? →

こんなになってるんだ〜♪ ↓
TOP
22年度活動報告のページへ戻る
▲上に戻る